welcome_photo
※当コンテンツの全ての写真の著作権は撮影者にあり、無断使用は固く禁じられています。写真をお使いになりたい場合はこちらまで
1-title

30年余にわたって野鳥を撮り続けてきました。
鳥たちの姿や生態を伝えるために撮ることを第一に、
常に科学の視点をもって日本の野鳥たちを撮っています。
図鑑に必要な識別のための写真。
野生動物としての行動や生態を示す写真。
生息環境までわかる風景の中の写真。
生命体としての鳥の美を追求した写真…。
ひと口に野鳥写真と言っても様々なタイプの写真があり、
使用媒体によってニーズは異なります。
私は、あらゆる用途にお応えできる野鳥写真を目指して
日々、鳥たちと向き合っています。 続きを読む

EVENT

■2019年10月9日開催<終了しました>
 いわみざわ市民大学公開講座

 「へーそうなんだ! 名前から読み解く野鳥おもしろ話」


北海道岩見沢市の市民大学で行われる大橋弘一のトークショーです。どなたでも無料で受講できる公開講座ですので、ご自由にご参加ください。
内容は、鳥名の意外な語源由来から鳥の民話伝説など楽しい野鳥のエピソードを盛りだくさんにご紹介します。NHK「ラジオ深夜便」の人気コーナー『鳥の雑学ノート』の大橋弘一ならでは野鳥トークでお楽しみください。野鳥の面白さに引き込まれることでしょう。

01-image

■日時 2019年10月9日(水) 18:30~20:00
■会場 岩見沢市生涯学習センター「いわなび」
    北海道岩見沢市4条1丁目3-4
02-image
■備考 ・会場では大橋弘一野鳥写真展も開催します(10月1日~9日)
    ・当日、会場では大橋弘一の著書や写真集を著者サイン入りでご購入いただけます
■定員 90名
■主催 岩見沢市・岩見沢市教育委員会
    (共催 北海道教育大学岩見沢校  主管 いわみざわ市民大学実行委員会) 
■お問い合せ・お申し込み
    岩見沢市教育委員会 TEL 0126-23-9236

■2019年10月26日開催
 大橋弘一トークショー

 「北海道の野鳥観光 その現状と展望」


国内外から熱い注目を浴びている北海道の野鳥観光。道内各地で行われている取り組みについてお話します。希少なガン類観察地としての十勝の魅力についてもご紹介します。
日時:2019年10月26日(土) 16時〜18時
会場:浦幌町立博物館2階 北海道十勝郡浦幌町字桜町16-1
聴講料:WYC会員500円 一般800円



■2019年10月27日開催
 大橋弘一と巡る秋の十勝 ハクガン・シジュウカラガン探鳥ツアー


十勝川下流部で見られるガン類を大橋と一緒に探しに行きませんか。人気のハクガン、シジュウカラガンをはじめ、マガンやオオヒシクイ、タンチョウも合わせ、絶滅危惧種や国の天然記念物に出会える贅沢な日帰り探鳥会です。渡りの時期ならではの様々な鳥たちとの出会いが期待できます。
02
 日時:2019年10月27日(日)
    8:30JR池田駅または9:00JR浦幌駅集合
    (解散は浦幌駅15:20、池田駅16:20予定)
 観察地:十勝川下流部一帯
 参加費:WYC会員21,600円、一般24,000円(税込)
 定員:8名(最小催行人数5名)

 ※添乗員は同行せず現地ガイドがご案内します。
 ※旅行代金には、バス代、昼食代を含みます。昼食は、浦幌町のレストランを予定
 ※宿泊先の手配も承ります。
 ※トークショー、ツアーとも浦幌農泊観光促進協議会主催(有限会社ナチュラリー共催)

 ■お問合せ・お申し込みは
 リペリエンスツアー 北海道十勝郡浦幌町寿町7番地1 うらほろスタイル事務所内
 電話 015-578-7184
 メール info@reperience.jp


NEWS

大橋弘一の最新のトピックスです。

20190413-image
新著「よちよちもふもふオシドリの赤ちゃん」
講談社より発刊!

2019年4月、大橋弘一の18冊目の著書となる新しい写真集「よちよちもふもふオシドリの赤ちゃん」が発行されました(発行発売:講談社/講談社BC)。
オシドリの巣立ち後の雛をテーマにした、どなたにも親しみやすい小型の写真集で、その可愛い姿を満載しています。生まれたばかりの雛が大木の穴の巣から転げ落ちるように出てくる場面から、親子連れ立って水辺へ移動する様子、そしてたどりついた水辺でのびのびと暮らし成長するまでが記録されています。
札幌のフィールドを中心に8年間にわたる撮影の成果を一冊にまとめました。
詳しくはこちら


Nikon P1000野鳥撮影スペシャルサイト、公開!

大橋弘一が広告用の野鳥写真撮影を担当しているNikon P1000のスペシャルwebサイト「ニコンP1000でチャレンジ!野鳥撮影クイックガイド」が公開となりました! 同じタイトルの紙のパンフレットは既にカメラ量販店などで配布中ですが、Webサイトでは掲載写真もケタ違いに多く、野鳥撮影のノウハウもかなリ詳しく解説しました。季節別・環境別の野鳥の探し方から野鳥写真のRAW現像のノウハウまで、他に類を見ない充実した野鳥撮影ガイドになっています。
P1000に限らず、どんなカメラの方でも野鳥撮影の参考になる部分がたくさんあるはずです。

スペシャルwebサイトへ

20180417-02
NHK「ラジオ深夜便」で大橋弘一の「鳥の雑学ノート」放送!

4月からNHKラジオの人気番組「ラジオ深夜便」で、月に1回、大橋弘一が語るコーナー「鳥の雑学ノート」が始まりました。毎回、季節にふさわしい日本の野鳥を取り上げ、大橋弘一ならではの面白エピソードをご紹介しています。鳥好きな方はもちろん、鳥に興味がないという方にも親しんで頂ける野鳥の雑学です。放送は、毎月第4月曜日の深夜11時08分頃からの15分間です。 (「ラジオ深夜便」はNHKラジオ第一放送で毎日夜11:05から翌朝5:00まで放送しています)

20161008-logo
あなたの野鳥ライフをもっと楽しく、より豊かにする
「ウェルカム北海道野鳥倶楽部」会員募集中!

2016年に発足した「ウェルカム北海道野鳥倶楽部」は野鳥趣味を総合的に楽しんで頂くための会員制度で、北海道在住の野鳥写真家・大橋弘一がそのノウハウを活かした数々のサービスであなたの野鳥ライフをサポートします。特に北海道の野鳥により親しんでいただくため、北海道への探鳥旅行へのアドバイスやプランニングのお手伝い、 さらには同行ガイドサービスも行っています。ただいま会員募集中!
詳しくはこちら

Profile

1954年東京都生まれ。日本の野鳥及び北海道の自然をライフワークとして撮影。21年間のサラリーマン生活(日本楽器製造=ヤマハ㈱勤務)を経て45歳でフリーの野鳥写真家として独立した異色の経歴をもつ。会社員時代より野鳥写真を専門誌・カレンダー・図鑑等に発表、優しく叙情的な作風でバードウォッチャーの高い評価を得る。新聞・雑誌連載などの他テレビ・ラジオ出演、執筆活動等により生態系保全を訴える多彩な活動を行ない、その一環として2003年より北海道自然雑誌faura編集長を務めている。(公財)日本野鳥の会・SSP日本自然科学写真協会各会員。札幌市在住。早大法学部卒業。続きを読む

連絡先:大橋弘一写真事務所「ナチュラリー」
tel 011-261-1658
メールでのお問い合わせはこちらへ

Gallery

gallery_1
2-title-1
最近の作品をご覧いただけるコーナー。
掲載作品は不定期に追加や変更をすることがあります。

詳しくはこちら
gallery_1
2-title-1
写真集『鳥鳴山河』は、大橋弘一のデビュー作です。
「日本の風景の中の鳥」をテーマにした抒情的作風の作品で構成。
1999年・クレオ刊。日本図書館協会推薦図書。
詳しくはこちら

ここでは『鳥鳴山河』収録の作品群の中から20点をご覧いただけます。
gallery_1
2-title-1
『鳥の名前』は、鳥名の由来や鳥にまつわる伝承などを紹介する写真書籍です。
鳥を知る新しい楽しみ方を提案。
2003年・東京書籍刊。2005年第2刷発行。
詳しくはこちら

ここでは『鳥の名前』収録の作品群の中から20点をご覧いただけます。
gallery_1
2-title-1
『北海道野鳥ハンディガイド(増補新版)』は、北海道の基本種215種を収録した図鑑。 2013年・北海道新聞社刊。
詳しくはこちら
『北海道野鳥観察地ガイド』は、北海道の探鳥地94ヶ所を紹介するガイド本。
2010年・北海道新聞社刊。
詳しくはこちら
gallery_1

※当コンテンツの全ての写真の著作権は撮影者にあり、無断使用は固く禁じられています。写真をお使いになりたい場合はこちらまで
2-title-1
切り抜き・カゲ付けなどの加工を施したインテリア向け作品。こうしたグラフィック上の手法は珍しいものではありませんが、私はこれを「野鳥フォトアート作品」と名 付け、2000年頃からいち早く取り入れカレンダーなどに提供しています。代表作品に「大橋弘一野鳥フォトアート作品による毎年カレンダー 北海道の野鳥」(リージャ スト・2011)があります。
詳しくはこちら

Books

books
大橋弘一の著書等をご紹介します。

2016年 日本の美しい色の鳥(エクスナレッジ)
2016年 野鳥の呼び名事典(世界文化社)
2015年 日本野鳥歳時記(ナツメ社)
2013年 増補新版 北海道野鳥ハンディガイド(北海道新聞社)
2010年 北海道野鳥観察地ガイド(北海道新聞社)
2009年 北海道野鳥ハンディガイド(北海道新聞社)
2008年 散歩で楽しむ野鳥の本(山と溪谷社)
2007年 庭で楽しむ野鳥の本(山と溪谷社)
2005年 ふくろうたちのひとりごと(中西出版)
2003年 鳥の名前(東京書籍)
2003年 野鳥365日(シンフォレスト)
1999年 鳥鳴山河(クレオ)
BOOKS詳細へ

WORKS


大橋弘一が写真を提供した書籍、雑誌等をご紹介します。
WORKS_2 WORKS_3 works_1 WORKS_4

大橋弘一

CONTACT

お問い合わせ

野鳥写真に関するお仕事のご依頼等ありましたら、お問い合わせコーナーよりご連絡ください。

お問い合わせ


大橋弘一写真事務所(有)ナチュラリー
〒060-0042 札幌市中央区大通西11丁目4-27 北海ケミカル札幌ビル6F
TEL 011-261-1658  FAX 011-261-1659

Facebook/ブログ

大橋弘一の仕事や活動に関する情報は、Facebookやブログからも閲覧することができます。

Facebook 大橋弘一



大橋弘一ブログ 不思議いっぱいネイチャーワールド


2013年12月以前のブログです。最新情報はfacebookで。
※当コンテンツの全ての写真の著作権は撮影者にあり、無断使用は固く禁じられています。写真をお使いになりたい場合はこちらまで
(c)2013 Naturally Co.,LTD.